lightheadedness

地方在住、非正規図書館勤務、正規の司書を目指しています! ラジオと小説・漫画、音楽など好きなことに囲まれた日常について書きます。

内定式

 先週の月曜日、内定式に出席した。

 基本的には、おとなしそうな雰囲気の人たちの集まりだった(自分も含めて)。人生初体験だったグループワークも、良い経験になった。大きい組織で働くといううえではきっと、これまでのより明確な役割分担があり、チームであることを意識し働いていく必要があるのだと、漠然と思う。これまでしたことのない働き方かもしれない。

 式典後の懇親会では、面接で大変お世話になった部長が色々と話してくださり、それだけで感慨深く、ジーンときた。一番印象的だったのは、君は専門試験の点数が一番悪かった、と教えてもらえたこと。思わず笑ってしまったが、これからも勉強していきます、と熱意を伝えた。ではなぜ採用してくれたのか訊くと、面接ではあなたよりも話のうまい、いわゆる面接慣れしているような女の子たちが非常に多かったが、それよりもあなたの人柄が職場に合うような気がした、だから頑張って、と教えていただけた。これには本当に嬉しくなってしまった。部長は優しく、結構長い間二人で話してしまっていたが、さりげなく他の内定者とも話す機会を作ってくださったりと、こんな扱いを受けたのは初めてでいたく感動した。あとは酔っ払ってしまって、あまりよく覚えていない…。

 二次会にも参加し、ここでは同期と話した。こうして集まるのも最初で最後かもしれない。働き始めると、それぞれの部署で人間関係ができてしまうから。

 こういう機会がまたいつかあればいいと思う。それほど楽しかった。約一年間努力してきたことが報われたような気分だった。